読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マジメな話

知り合いがいつもみてもらってる占い師の先生が、会ったこともないわたしのことを一瞬透視(?)してくれたらしいんですが





一言目が


「彼女…ホクロ多いよねー」





(え?そこ重要なの!?)

…とゆう微妙な気持ちもありつつ





(正解!越後製菓!!)

…と感心してたんですが。





二言目が


「彼女、常に『○○しなくちゃいけない、やらなくちゃいけない…』って思ってるねぇ…」

とのこと。





(え?そう??

そんな人がこんなテキトーに生きてるわけないやん…)


って思ったんですけど、よくよく考えてみるとそうかもしれないな…と。




わたし、小さい頃からまわりの顔色やら空気やらを伺いつつ生きてきたんですよね。



家庭環境とか育った影響とかに原因があったのかもしれないですけどね。



知りたくない事を知ってもそれを知らないフリしないといけない…ちゃんと言う事聞くいい子でいないといけない…自分の言いたい事はあんまり言っちゃいけない…まわりに合わせないといけない……




とにかく、まわりの関係やら空気やらが壊れないように…ってことばかり子供の頃から優先に考えて生きてきた感じ。

そうしなくちゃいけない…と。




今はだいぶそうゆう部分が抜けてきた気はするんですが、やっぱりまだ根本はそれが残ってるんだろうなーと。



若い頃はそれが原因で精神的に不安定になることや体調不良になることもよくあったし。





お察し能力ってとても素晴らしいものかもしれないけど、あまりにもそればかりで生きてると、自分を苦しませることにもなる。




最近はマイペースになってきて、そのせいでまわりにも迷惑かける事もあるんだろうけど、昔よりは生きててしんどくないです。





「どんだけまわりに気を遣っても嫌われたりすることもあるよねー」


「色んな人がいるんやから空気が悪くなることもあるよねー、皆が皆仲良くなれるわけないしねー」



って思うようになって、あまりにまわりのことばかり優先することもバカバカしくなってきたんですよね。



そしたら、だいぶストレスが減りました。


マイペースで生きていても、大事な人達は側にいてくれるし愛してくれるもんです。





ただ占い師の先生が言うように


「○○しなくちゃいけない…」


って普段よく思ってるのも事実で。




なんか気付きましたね。



なんでそんなに自分をしんどくさせるんじゃ?…と。



日々生きてたら、そりゃしなくちゃいけない事なんてたくさんあるけど、そんな義務感ばかりで生きるより、もっと


「○○したい!」って

自分の意思や気持ちを大事にして生きたいな、と。




その先生のその一言で、けっこう色々と考えさせられて、ハッとさせられました。


一つ自分の殻が破れた感覚。



そして先生スゴイなぁ…わかるんやなぁ…とビックリ。






ただね、一つ、先生の透視間違ってた。








「彼女、結婚願望ないでしょ」







先生……残念!!!