読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライブ

昨日は大阪城ホールサカナクションのライブを観に行って来ました。



行く道中、ドームでやる3代目のライブに行くパーティーピーポーみたいな人たちをたくさん見かけました。

なんか派手で楽しげですね。




3代目と言えば、その昔友達が


「3代目JSBのライブに行くねん」ってのを間違えて

「3代目USBのライブに行くねん」ってメールをくれたことを思い出します。




まぁそんなことはさておき、サカナクション


大阪城ホールでやるくらい人気になりましたね。


前はzeppとかでやってたんで、約2時間満員電車で飛び跳ねてる…みたいな状態のライブでしたけど、さすが大阪城ホールになるとパーソナルスペースは守られてました。


ただ前に居た女性の髪の毛の乾燥が激しくて膨張して、あげくポニーテールだったんで、彼女がノリノリで動く度にわたしの頬をビンタしてくるのがなかなか屈辱的でしたが、サカナクションに免じて許しました。



音楽の力って素晴らしい。

人を許す大きな心すら与えてくれるのですね。

神…。




ライブはかなり演出も凝っててどうやら赤字だそうです。




メンバーの登場も


それこそ神?教祖?


って思うくらいの今までにない登場でした。



サカナクションのライブは何がいいって、やっぱり踊れることですね。

ライブでもあるけどクラブっぽい雰囲気にもなるし。


テクノサイコー。

ロックサイコー。



跳んで跳ねて踊って汗だくで……

帰りは部活帰りみたいになってました。




次の日、絶対筋肉痛やな……

と思って




今朝…


体、全く痛くないです。



もしやこれは二日後に来るパターンのやつ??

コワイ……





そして今日は仕事後、梅田クアトロでPeople In The Boxのライブへ。



昨日のライブとは真逆で、ほとんど動かない棒立ちスタイルでのライブ鑑賞。



それはそれで腰が壊れますが…




しかーーし!!


ライブは素晴らしかった!!


サカナクションとは違い、People In The Boxは知らない人多いかもしれません。

わたしも知ったのはわりと最近のことですし。



まぁ万人に好まれる音楽ではないのかもしれないけど、わたしは彼らの音楽センスやら演奏力やらが凄すぎて「なにこれ!吐きそう!」って思うくらい素晴らしいと思ってます。

わたしなりの最大の褒め言葉です。




ただ彼らの曲を人にすすめるとだいたい

「なんか……地味やね……」


とゆうコメントしかもらえない事が多いです。

切ない……。



でもそうゆう意見聞くと

人の好みとか感性ってほんとに一人一人違うんだな…と実感します。



だってわたしにはPeopleの曲ってめちゃくちゃ壮大で曲自体にストーリーも見えてくる気がするし、泣けるし、笑顔になるし、キュンとするし…とにかくめちゃくちゃカッコいい!!って思うんですもん。


地味の二言で片付けられることが意味不明!って思ってしまうくらい。



でも人によれば、

「地味」

でしかないんです。



サカナクションだって今けっこう人気やけど

サカナクションの良さがわからない」って言ってる人過去にいたし。


3代目なんてめちゃくそ人気やけど、ランニングマンの曲しか知らんし特に興味ない…ってわたしは思うし。



何がいいとか悪いとか、イケてるとかイケてないとか、正しいとか間違いとか、そんなのないんでしょうね。


人の感性なんて。




そういやサカナクションのボーカル一郎さんがライブ中のMCで

「マジョリティの中のマイノリティでいたい」って言ってました。


「学校のクラスでサカナクションが好きな子が1人しかいない…。昔で言うユニコーンみたいな存在のバンドになりたい」とゆうことを言ってて、この人の感性やっぱり好きだな…と思いました。




いい音楽に触れた二日間、心はとっても満たされました。

心配なのは体ね。



明日襲ってくるかもしれない筋肉痛の恐怖に震えながら寝ます。