読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

買うならピンクのジュリ扇

ここ数日、心がざわつく事があり、そのせいでいろんな事を考え悩んで、精神的にフワフワしてた。


そんな時に限って仕事がバタバタ。



気持ちが折れないように仕事するの大変だったけどなんとか耐えた。



昔は何か悩み事があっても人に話すとか相談する、とかあまりできなかったけど、もう最近は言わなくちゃやってられない、とにかく聞いてくれ!って感じの人間になってる。



自分の中で溜め込む、秘める、ってのが苦痛なんですよね。


小さい頃は溜め込むのが当たり前だったから、今はその反動かな?


悩み事は極力1人で悩み、考えて、解決する、って友達もいるけど、今のわたしにはそれはしんどすぎる。無理。



聞いてもらえるだけで悩みが薄まる気がするし、わたしの友達や先輩は皆優しいから、いろんな言葉をくれるし他の考え方にも気付かせてもくれる。


ありがたいです。



「めんどくさいなコイツ」と思われてもいいや、しんどい時は人に甘えよう、と思ってます。



そして実際皆甘えさせてくれる。


ほんまに優しいんですよ、まわりの人たち。ほんまに。



わたしはよく男運悪い、って言われる事あるんですけど、友達運とか対人運は恵まれてると本気で思ってる。


てか、男運も悪いとは自分ではそんなに思ってないんですよ。笑

たまたま今までの人とうまくいかなくてまだ独身ってだけです。って本気で思ってる。

勝手に男運悪い、って決めつけないでほしい、と思うけど、もうそれは相手次第ってことにしてます。

相手がそう思うならそう思えばいい、と。



先日、女王蜂ってバンドのライブに行きました。


メンバーの性別、国籍、年齢などは不明の謎多きバンドですけど、おそらくボーカルのアヴちゃんは体の性別は男の人で、中身が女性かな?


そんなアヴちゃんも言ってた。


「わたし、男なんですか?女なんですか?って質問に答えたことないです。相手が男と思えばそうだし女と思えばそう。どちらにでもなれる。相手が決めればそれはそれでいい」って。


なんだよ、カッコいいなー。



わたしの男運もそーゆースタンスですかね。

↑なんかカッコ悪い…笑




そうそう、女王蜂のライブですが、初めてだったけど、もう何も他の事は考えれないくらい楽しかった!!


まわりの事は気にせず、ただ自分の思うまま大声出して歌って踊って汗だくになって。


ほんと心底幸せ感じた。


幸せなんて頭で考えるもんじゃない、他人に決めつけられるものでもない、自分で感じるものだよね


…ってライブでそんな事を再確認するくらいだったから、わたしの心は久々少し病んでたのかもしれない。



今回ライブハウス初体験の友達も凄く楽しんでくれて、それもめちゃんこ嬉しかった。


次回もまた踊りにいきたい。


女王蜂のファンはライブにジュリアナ扇子を持ってきて、ライブ中にそれを振り振りしながら曲にノッたり踊ったりするんです。



羽がめっちゃ宙を舞ってて、それ見ながら羽アレルギーじゃなくてよかった…と内心ホッとしてた。


でも凄く綺麗やった。

色とりどりのジュリ扇。



次はわたしたちもジュリ扇持参かな。

楽しみ。


そんな事考えれる余裕も出てきたからだいぶ元気を取り戻してきた様子。