親知らず抜歯

昨日、親知らずの抜歯をしました。

左の上下2本です。



両方とも頭がちょこっと見えてるくらいしか生えてないので、かかりつけの病院では抜くのが難しいと言われ、総合病院での手術となりました。



3年ほど前に右の下の親知らずを抜いた時は、痛みがかなり続いて眠れないし食べれないし…のトラウマがあったんで、今回はもう死ぬ覚悟くらいの気持ちで病院へ向かい、あまりの緊張に病院内で若干迷子になりかけ(何故か皮膚科の受付に行きかけた)キョドったりもしましたが、無事に診察へ。





事前に撮ったレントゲン画像を見て、先生が


「これ……上の歯はたぶん楽勝です。ま、楽勝って言ってもいざ抜いてみないとわからないけど。


問題は下かなー……これ、根っこが90度くらいに曲がってるから、けっこう時間かかると思いますよ。歯砕いたり歯茎切開の可能性もあるから、顔も腫れるし痛みもけっこう出ると思う。

体力的に無理ならどっちか1本だけにします?」




「⁉︎………え!…ほんまですかぁ……で、できれば今日2本やっちゃいたいんですけど……えーー……どーしよー……えーー……コワイ……えーーー………どうしたらいいですか?」



ビビりすぎて先生に聞かれた事聞き返すパターン!ウザイ!わたしならこんな患者ウザイ!



でもね、先生とても優しくて


「いや、ここはご自身の体力とか考えて。

とりあえず1本だけでもいいし。難しい方から抜いて余裕あれば、もう1本抜いちゃうって事でもいいし。ちょっとしんどいかもしれないけど、そこは任せますよ」


と、イライラした表情も出さずにまた説明してくれた。



「……じゃ、じゃあ、難しい下の方から抜いてもらって、いけそうなら上もお願いします。

あ、ちょっと心配なのが、顎が耐えれるかなー…って。顎関節症気味なので、顎外れないか心配……」

と伝えると



「わかりました。じゃあ、顎休めながら進めていきましょうね!頑張りましょう!」


「は、はい!お願いします!」




や、優しい……。



地元のかかりつけの先生はこんなに優しくないよー!この人にこれからもずっと診てほしいよー!優しいし若いしイケメンだしー!

いつもの先生胡散臭い茶髪のオッサンやしーー!

オッサンより優しいイケメンがいいよー!!



と、かかりつけ医師を心の中でディスりながら、いざ抜歯へ。



麻酔のおかげで、グイグイ押されてるような感覚と動かされてる感覚はあるけど、痛みはほとんどない。


ただ、なかなかしぶといようで、先生も「んー、これはなかなか厳しいなー」とか言いつつも、進めながらちょくちょく「はい、顎休めましょうかー」って顎休憩はさんでくれるし、

「大丈夫ですかー?」って声もちょいちょいかけてくれる。 


頑張って大きい口を開けようとしたら

「大丈夫ですよー、頑張らなくていいからねー、口しんどかったら無理しなくていいよー」と言ってくれる。



先生、優しくて好きになっちゃいそう。




そんな事を数回繰り返すも、やはりなかなか抜けないみたいで、歯を削り砕くことに。


キュイーン!ガリガリ!バリ!

って恐ろしい音はするけど、感覚は何もない。



ただやっぱり歯を引っ張られてる時がちょっとツライね、首筋肉痛になりそうだった。



そんなこんなで30分くらい経ったのかな?


グイグイの刺激にもだいぶ慣れてちょっと寝そうにもなってた時に

「はい、抜けましたよー」と言われ



「ふえ?抜けたんでふか?じぇんじぇん(全然)ほんな(そんな)感覚なかったぁのにぃ〜」


「うん、麻酔してるからね!笑」


と笑われる。

我ながらたまに出る天然っぷりが恥ずかしい。



歯茎切開したところを縫ってもらい



「じゃあもう1本どうします?」


「は、もう、やっちゃってくだはい!」



と上の歯の抜歯へ。



上の歯は、下の歯とは違って口は大きく開かなくていいみたいで


「僕の指噛んでもいいからイーって口の形で開けててね」



え?噛んでいいの?そんな事言われたの初めて……

ってちょっと恥ずかしい気持ちになってたら



「あ、はい!こっちはすぐ抜けましたよー」



え!?もう!?麻酔してから1分くらいじゃない?なにそれー!

先生……神!!



上の歯と下の歯の抜歯ってこんなに違うのね。

ちょっと感動。



上の歯は縫合なくて大丈夫なのでそのまま。



時間的にトータル40分くらいかな?



先生に拍手を送りたい。


わたしはただ寝ててフガフガ言うてただけやけど、先生はけっこう体力使うだろうなぁーと。口ってゆう狭い部分からよくあんな奥の方にある小さい物を抜くなんて事ができるね、と。

リスペクトです!



その後、注意事項やらを聞き、クスリも貰いました。

痛み止め2種類に化膿止め、胃薬や整腸剤も。



麻酔が切れてからが本当の戦い…と意気込んでたものの、薬をタイミング良く飲めてるおかげか、先生の腕が良かったのか、さほど痛みも酷くなく、顔も今のところ腫れてない、むしろいつもの方が腫れて(むくんで)んじゃないか?ってゆうくらい。←それもツライ



まぁただ、暫くは血行良くすることとか刺激のあることは控えた方がいいとのことで、ゆっくりのんびり休みます。


食べ物もスープとかゼリーとか柔らかい物なら右側で食べれる。


つい先日急性胃腸炎になったけど、その時の方が何も食べれなくて辛かった。


腸炎からの親知らず抜歯。

なかなか身体には負担を与えてしまったけども、回復すればかなり身体はスッキリしそうな予感。


親知らずって何気に全身に影響を与えるみたいだから、頭痛、肩コリ、腰痛、股関節痛やらもこれで良くなると嬉しいなー。

広告を非表示にする