読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びわ湖バレイ

昨日びわ湖バレイへ行ってきました。


釣り好きの彼が「まずはノーマルな琵琶湖から見てみ(ノーマルじゃない琵琶湖てなんやねん…笑)」との事で琵琶湖のほとりまで。


f:id:marimarimaria:20161106090448j:plain


静か……

チャプチャプって水の音と鳥の鳴き声しか聴こえない。


地味やけど和むー。



釣りでしょっちゅう琵琶湖に来てる彼にとってこの辺りはホームなんでしょね、ドヤ顔で案内してくれました。



さて、曇り空が気になりつつもびわ湖バレイへ上るロープウェイに乗り山頂へー。


f:id:marimarimaria:20161106090532j:plain


途中琵琶湖なのか雲なのかわからん状態になり、完全に雲だけの世界になり


f:id:marimarimaria:20161106090611j:plain


そして山頂に着くと……


f:id:marimarimaria:20161106090726j:plain


澄んだ青の空!!


f:id:marimarimaria:20161106090803j:plain


雲海とか見えちゃって…なんか感動!



着いて早速最近できたとゆう、びわ湖テラス(カフェ)に並ぶ。


f:id:marimarimaria:20161106090858j:plain


寒いと思って厚着で来たけど太陽が近いからかなんか暑い…。並んでるあいだ太陽に照らされてだいぶ殺菌された気がします。


カフェのテラス席は満席だったので中で食べてからテラスへ出てパシャリ。


f:id:marimarimaria:20161106090932j:plain


雲が多くてびわ湖がうっすらとし見えず…


でも、空の青が全てをどうでもよくさせてくれる。ほんと綺麗。




そして、冬はスキー場になるであろう山へ軽い気持ちで登ってみた。(軽い気持ちで歩いた事を後から後悔…。)



傾斜を利用してMJのマネ。


f:id:marimarimaria:20161106091036j:plain


やりたくなるよねー。



彼は「斜めに登っていくとラクやで!」と言って軽快に進む。


f:id:marimarimaria:20161106091101j:plain



おっと〜それは小学生の遠足で誰かが必ず言い出すやつ!



なんとなくそんな気がしないでもないが……


…が、暫くしてすぐにまた大人しくまっすぐ歩いてた…


f:id:marimarimaria:20161106091234j:plain

(斜め歩きは歩く距離が増えることに気付いたのであろう)



そしてどんどん会話も減る…


「アカン!」「ヨイショ」「はぁ…」

「膝痛い…」「しんどっ」


のワードをローテーションしながら、30〜40分ほどかけて頂上へー。


f:id:marimarimaria:20161106091326j:plain


まさか頂上までくると思わなかった…。


f:id:marimarimaria:20161106091400j:plain


よく頑張った!37歳男女!!

こんなに頑張ったの久々かも!

褒めてあげたい!自分を!(あ、彼も)



しかしまわりを見てみると、60代くらいのご夫婦がいたり、ニーハイブーツ(ヒールは無しだったけど)&ミニスカートで登ってきた強者もいて、上には上がいることを痛感。



そもそもびわ湖バレイにニーハイブーツ&ミニスカート来るって、なかなか攻めてるよね。それで登りきったあなた、わたしはわりと好きです。



そうそう、何人かヒールの靴で来てる女子を見かけたけど、たいがいカップルだったからおそらく

「デートやしオシャレしよ♡」って

気合い入れたものの連れてこられたのがまさかのびわ湖バレイ…だったカワイイんだけど可哀想なパターンか、ただのバカかどっちかかな?



テラスカフェだけとかならヒール靴でもいいだろうけど、

けっこう坂道歩いてる(歩かされてる?)女子がいたから、危ないなー…とは思ってました。




さて、MJのスムースクリミナル傾斜の山でしたから、これまた下りが大変で…。大変とゆーか、全然止まらない。

一歩踏み出したらもうユーキャンストップ!


あれよあれよとゆう間に下りてきました。

断然登りよりラクな気はしたけど、脚がケケケケケー!!と笑って笑ってブッ壊れてる感覚は下りの方が凄い。



普通ならもうこれでゆっくりして帰ろうか…くらいなんだろけども、わたしたちにはまだメインが残ってまして。



「スカイウォーカー」とゆう空中アスレチックを予約してたんですよね。


http://www.biwako-valley.com/topics/14114



アスレチックの前にもう既に体力使い切ってしまったバカ2人(←おそらくヒール靴の女子よりバカ)



わたし、ちょっぴり高所恐怖症なところがあるんですけど、謎のチャレンジ精神と意識高い系の自分が

「これ乗り越えたら高所恐怖症も克服できるかも!」と事前にポチっと予約してしまったのですよ。




さ、まずは命綱やらの装備を。

頭がデカイのでヘルメットが浮く…


f:id:marimarimaria:20161106091526j:plain


インストラクターのお兄さんにも

「ヘルメットちょっと緩くないですか?」ってグイッと押されて調節してもらったのにも関わらず浮いてます。笑



まずはファミリーコースの低い所から木材を渡って最後はジップライン。吊られたまんま渡って最後はお尻で着地。


f:id:marimarimaria:20161106091618j:plain



f:id:marimarimaria:20161106091700j:plain


f:id:marimarimaria:20161106091741j:plain


写真はこのファミリーコースの時しか撮れず……


中級コース上級コースはもう高すぎる&ユラユラしすぎる、で写真なんて撮れない。そんな余裕ございませんでした。


ヒーーーー!

キャーーー!

無理ーーー!



と言いながらなんとか終えて、結果高所恐怖症はどうなったかというと



「高い所よりユラユラする不安定な所の方が怖くなりました」とゆう結果に。



「いや、それ皆そうやろ!不安定な所は誰でも怖いわ!」と彼にツッこまれましたが


「一応高所恐怖症は克服したという事でよろしいでしょうか?」


「………よろしいでしょう!」


ともう1人の自分が判を押してくれたようなので、そうゆうことにします。



一日中動いたのと、普段使わない筋肉を使ったのとで筋肉痛がハンパなく全く起き上がれませんが、めちゃくちゃ楽しかった。



もうスカイウォーカーはいいかな。笑

次はジップラインメインでやりたい。


http://www.biwako-valley.com/topics/452